キッズファッションモデルになる方法をご紹介!

こちらではお子さんをキッズファッションモデルとして活躍させたいという親御さんに向けて“キッズファッションモデルの内情”や“キッズモデルとして成功する方法”について紹介しています!

モデルという言葉に憧れている方は多いと思います。
実際にお子さんを活躍させていくためには何か必要なのでしょうか?

まず、最初に考えるべきなのは“子供時代の記念に1度か2度モデルをやらせたいのか、それとも仕事としてキッズモデルを続けていくのか”ということ。

1回カタログに載ったりファッションショーに出演して満足なのであれば一般募集のオーディションを受け続けて合格を目指せば良いのです。

キッズファッションモデルになるには?カタログモデルなら子供服ネット通販の大手サイトjetteなので募集していますし、ファッションショーなら東京トップキッズコレクションのオーディションに参加するなどの方法が考えられます。

その他、雑誌の読者モデルを目指してみるのも良いでしょう。

仕事としてプロのキッズファッションモデルを⽬指していくのなら、そういった⽅法にプラスして、事務所に所属する、という選択肢も出てきます。
ただ、あくまで事務所に所属する、というのも選択肢の一つなので、ご家族や子供自身の意思を確認しないといけませんよね。

きちんと事務所に所属し、プロとして仕事をもらわなければ本当の意味でモデルになったとはいえません!仕事をしてギャラをもらう…それがプロであることの証だからです。

プロのキッズファッションモデルはどんな仕事?

キッズモデルを扱う事務所に所属したからといって、何もしなくても仕事がもらえるわけではありません。あまり有名ではない俳優や声優と同じで、仕事の話が事務所に来るたびにオーディションが行われ、それを突破して初めて仕事になるんです。

当然、事務所で指導を受けている子供たち同士で比較されるわけですから、合格するのは簡単じゃありません。合格する回数より、落とされる回数のほうがずっと多くなります。

普通の子供は小さいうちから周囲とたびたび比較されることなどありませんが、仕事でお金をもらう立場となれば話は別。非常にシビアな目で見られることになります。

子供によっては何度も落ち続けるうちに自信を喪失してしまい、投げ出してしまうことも珍しくありません。モデルとはいっても、決して華やかなばかりではないのです。

たとえばオムツのベビーモデルなんていうのもファッションモデルの1種かもしれませんが、オーディション中に泣き出すようなことがあれば、その時点で不合格。そんなことが何度か続けば、もうオーディションを受けることもできなくなってしまうでしょう。

プロを目指すとなれば、
そういった日常では考えられないほどの厳しさを味わうこともあります。

ちなみにいわゆる子供服のカタログなどに用いられるキッズファッションモデルのほかにも、オモチャの商品パッケージ、パンフレットなどの仕事もキッズモデルに回ってくる仕事として知られています。

プロモデルを目指したい方で、ご自身でインターネットなどで情報を集めるのが苦手な方は、キッズモデル事務所や子役養成所などに所属させてみるのも良いのかもしれません。

カタログ、雑誌、パッケージなどに掲載されるキッズファッションモデルになるための極意を伝授しています!単に掲載されるだけでなくプロとしてお金をもらってモデルを続けていくための方法を知りたくありませんか?

このページの先頭へ