双子の子役は有利!?息の長い活躍が狙えます!

こちらでは双子のお子さんをお持ちの親御さんに向けて、双子の子役タレントを目指す方法について紹介したいと思います!

ちなみに、こちらで双子と呼んでいるのは一卵性双生児のみです。二卵性の場合、一般の兄弟姉妹と同程度の共通点しかありませんので、いわゆる双子の子役タレントや双子の子役として活躍することは難しいでしょう。

目指すはドラマ&映画~双子の役は双子にしかできない!

双子というのはそれほど大きな需要があるわけではありませんが、どうしても双子にしかできない仕事というのが存在します。代表的なのはドラマや映画の双子役でしょう。こればっかりは現実に双子の俳優、子役を用意しなければどうしようもありません。

…まぁ、技術的には“1人2役にして、同時に画面に出てくる場合は必要に応じて合成などで対応”というのもできなくはないんですが、現実に双子の演者を用意できるなら、それに越したことはないでしょう。

双子は子役として大成する?また、舞台など映像処理ができないものについては実際の双子を用いる以外に方法がありません。

双子が必要な状況というのは決して多くはありませんが、このように双子にしかできない仕事がある限り、一定数は必要なのです。

さて、一卵性の双子が生まれる確率は1000回の出産に対して4組程度。要するに0.4%という極めて低い確率です。

その中で子役を目指す子供が果たして何%いるでしょうか?

双子の場合には2人ともが子役として活動する意志がないと意味がありませんから、そのパーセンテージは決して高くありません。

それを考えれば、双子の子役が常に一定の需要を持っているのは当然といえるでしょう。

息の長い活躍を目指せる可能性も充分!

一般に子役は青年期を迎える頃に役割を終えてしまうことも多いのですが、双子の子役はもう少し息の長い活躍をできる例も多いのです。

充分な演技力がともなっていれば、中高生になってからも仕事をもらえる確率は高いでしょう。そもそも、中高生くらいの双子が出てくる作品があれば、そのくらいの年齢の双子俳優が必要になるのですから。

たとえば、マナカナの愛称で人気を博した三倉茉奈さん、佳奈さんの姉妹は、20代を超えてからもテレビで見かけることがあります。

長期的に芸能活動を続ける意志があれば、
一般の子役よりも可能性は高いのではないでしょうか。

結局のところ、世の中は需要と供給のバランスで動いています。一卵性双生児という確率にして0.4%の希少価値を生まれながらにして持っているのなら、チャレンジする意義は十二分にあると思いますよ!

もし、少しでも興味があるなら、子役事務所などに問い合わせてみてはいかがでしょう?

双子というだけで珍しいので、事務所に所属すれば周囲の子より仕事がもらいやすいかもしれませんよ!また、今のところ芦田愛菜ちゃんや鈴木福くんクラスの人気を持っている双子子役というのは出ていません。

日本初、双子の大人気子役を目指すという大きな夢を持ってみるのも良いですね。

子役の仕事に興味がある一卵性双生児のお子さんがいらっしゃる親御さんに向けて、双子子役になるための方法を紹介しています!双子にしかできない仕事もありますから、普通の子より有利ですよ♪

このページの先頭へ