テアトルアカデミー~鈴木福くんなど有名子役を多数輩出!

こちらでは子役事務所として非常に評判が良く、旬の子役を多数抱えているテアトルアカデミーについて紹介しています!

ここは子役専門の事務所というわけではなく大人の俳優についてもサポートしている事務所なので、将来的に俳優、タレントを続けていきたいという方にもオススメです。

テアトルアカデミーが誇る充実のレッスン!

テアトルアカデミーの赤ちゃん部門テアトルアカデミーは年齢別に4つの部門に分かれています。

新生児と幼児を対象とする赤ちゃん部門
中学生までを対象とする子ども部門
大人向けの青年部門
40歳以上のシニア部門

当サイトは子役についての情報を扱っていますので、ここでは赤ちゃん部門と子ども部門について具体的なレッスン内容を紹介したいと思います。

赤ちゃん部門

赤ちゃん部門のレッスン他の子役事務所ではベビーモデルを登録制にしており、特にレッスンは行っていないことが多いのですが、テアトルアカデミーでは赤ちゃんにも効果的なレッスンを用意しています。

言葉を使った高度な訓練ができない年齢であっても、情操教育や表現力の基礎を身につける訓練は可能です。

赤ちゃん部門のレッスン

・芸能レッスン 保護者向けのレッスンで、芸能界での仕事の流れを学ぶ基礎芸能講座、お子さんの演技について理論的に学ぶ映像演技練習、写真の撮り方について知る宣材写真講座、そしてオーディションの模擬練習をするオーディションシミュレーションなど。子役の保護者として必要な知識を身につけるのが目的です。子役のオーディションは親を選考対象としている部分もあるため、保護者が学ぶことも多いのが現実。テアトルではこういった保護者向けのレッスンが行われているのも特徴ですね!
・表現レッスン ダンスやリトミックを通じて音感を鍛え、また人前に出ることに慣れていくための親子レッスンです。子役としての表現力をつける第一歩としてのレッスンですね。
・制作レッスン 大量の新聞紙による図画工作など、家庭では出来ない遊びを思いっきり楽しみます。普通では想像もつかないダイナミックなスケールで遊ぶことで、豊かな感性を養います。
・鑑賞レッスン 想像力と演技への興味をかき立てるため、人形劇などを鑑賞。まずは演技というものに楽しみながら触れていき、そこから模倣、ゆくゆくは独創的な演技へと繋げていくわけです。



style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-2485211160063521"
data-ad-slot="3474969872"
data-ad-format="auto">

子ども部門

子ども部門のレッスン子ども部門に所属している子どもは、テアトルアカデミーに付属している児童劇団“劇団コスモス”に入ることになります。

30年以上の歴史をもつ劇団で、実践的なレッスンを積みながら芸能界で活躍するための技能を身につけることができるんです!

6歳までの未就学児は劇団の雰囲気に慣れながら、他の子や大人とコミュニケーションをとるための教育を受けることになります。そして小学生になると、実際に台本を使った演技指導、ダンスレッスンなどを通じて表現力を向上していくのです。

子役の仕事をこなすための実力はもちろん、
人間的な成長の場としても有効なのがポイント。

実際、劇団コスモスの子ども達は「礼儀正しい」「しっかりしている」と仕事場でも高評価を受けているんだそうです。

子ども部門のレッスン

・アクロバット アクロバティックな演技にも対応できる体力を養うレッスンです。レベルに合わせてステップアップしていき、最終的にはバック転などの修得も!
・アクション カメラワークなどを意識して動けるように練習し、演技力を高めていくレッスンです。子役俳優を目指すお子さんに最適。
・睦塾 台詞、朗読、滑舌など発声に関する発展的なレッスンです。お芝居をする上で必要な発声練習のすべてがつまっています。

その他、タップダンス、ヒップホップ、バレエ、歌唱、ミュージカルなど専門性の高いレッスンが多数揃っています。

テアトルアカデミーってどんな事務所?

こちらのテアトルアカデミーには、今話題になっている有名子役が多数在籍しています。

2013年現在、CM1本で1,500万円ともいわれる高額なギャラを得ていると噂の鈴木福くんをはじめ、小林星蘭ちゃん、谷花音ちゃんなど、いわゆる人気子役はほとんどがテアトルアカデミー在籍!

人気子役「谷花音ちゃん」他の事務所が看板子役をだいたい1人しか抱えていないのに比べて、テアトルアカデミーの存在感は圧倒的です。

人気子役になるためには子役本人の力量が大切なのはもちろんですが、やはりどんな作品に起用されるかというのも重要。それは、人気ドラマに出演したことで自然と子役の知名度が上がるような例も多いからです。
最終回の視聴率が40%を超えた「家政婦のミタ」で大ブレークを果たした本田望結ちゃんもその時テアトルアカデミーに所属していました。
こういった有望な作品に子役を出演させることのできる事務所に所属することで、お子さんが有名子役になれる可能性は一気にアップします。
そういった意味でもテアトルアカデミーは大きな強みを持っているといえるでしょう。

たくさんの人気子役を抱えるテアトルアカデミーなら、もしかすると本田望結ちゃんや鈴木福くんに続く、次世代の天才子役になれるかも!?

もしお子さんに素質がありそうなら、オーディションを受けてみてはいかがでしょう?

お子さんを子役としてブレークさせたい親御さんに向けて、鈴木福くんや本田望結ちゃん、谷花音ちゃんといった超・有名子役を多数抱えているテアトルアカデミーについて紹介しています!

このページの先頭へ