子どもモデルの祭典~東京トップキッズコレクション

こちらでは子どもモデルになるための登竜門として非常に高い知名度を誇る東京トップキッズコレクション(TTKC)について紹介しています。

キッズファッションショーキッズファッションの祭典として年1回開催されているTTKCは、キッズモデルを目指している子たちにとって非常に大きな意味を持っています。

なんといっても、合格者は何千人という観衆野前で巨大なランウェイを歩くことができるのですから!

一般公募でこれだけのチャンスを与えられることは他ではまずありません。モデルという仕事に憧れを持ったことがあるのなら、是非とも1回はチャレンジして頂きたいと思います!

東京トップキッズコレクション募集要項

こちらではTTKCの応募条件、応募方法といった概略を詳しく掲載しています。

キッズオーディション応募に用いる写真はTTKCに参加するブランドの洋服でコーディネートして撮影しなければなりません。

2013年度の参加ブランドもすべて掲載していますので、来年の応募を考えている方は参考にしてください。もしかするとブランドがいくつか入れ替わるかもしれませんが、参加ブランドの傾向を知ることは充分に可能です。

東京トップキッズコレクション募集要項を見てみる



style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-2485211160063521"
data-ad-slot="3474969872"
data-ad-format="auto">

東京トップキッズコレクション2011の結果をリサーチ

2011年に行われたTTKCの合格者を調査し、
ハーフの比率、外見的な傾向を分析してみました。

参加ブランドがある程度固まっていることを考えれば、過去の合格者のヘアスタイル、ファッションを参考にすることは大きな意味があるはずです。合格率を少しでも高めるために、取り入れられる部分は取り入れてしまいましょう!

応募写真を撮影する際の注意点などもお伝えしていますので、TTKCに興味がおありなら1度は目を通して頂きたいと思います。

2011の結果を見てみる

東京トップキッズコレクション2012の結果をリサーチ

こちらでは2012年に開催されたTTKCについて徹底調査してみました。

最終合格を勝ち取って実際にランウェイを歩いた面々のヘアスタイル、ファッションなどを分析し“合格するために必要なのは何か”をお伝えしています。

ちなみにこの2012年は前年に比べてヘアスタイルが特徴的な子が増加。
反面、ハーフの子は大きく減少していました。

数あるキッズモデル募集の中でも特に知名度の高いTTKCでは、応募者の母体数が多く、単なる偶然によって合格者の傾向が左右されることは考えにくいです。となれば、合格者の傾向はそのまま“キッズファッションの流行の推移”を表していると考えるべきでしょう。

2012年の傾向をしっかりと分析して、来年の応募に繋げましょう!

2012の結果を見てみる

東京トップキッズコレクション2013の途中経過をリサーチ

2013年のTTKCは8月開催ですので、現時点では2次までしか終わっていません。ですが、ブログなどで2次合格者の写真を確認し、今年の大まかな傾向を掴んでみました。

今年の傾向はある程度、来年にも引き継がれるはずですから、2014年のTTKCに参加するのなら知っておいて損はないでしょう。

また、2013年の2次オーディションについても調査してありますので参考にしてください。
どこよりも詳しい“2次面接の突破法”を解説しています♪

2013の途中経過を見てみる

お子さんをキッズファッションモデルとして活躍させたい親御さんに向けて、東京トップキッズコレクションに合格し、5,000人の前でランウェイを歩くための攻略法を紹介しています!

このページの先頭へ