キッズモデルオーディション合格の秘訣~TTKC2011

ここでは2011年のTTKC(東京トップキッズコレクション)キッズモデルについて傾向をまとめています。これから東京トップキッズコレクションを目指すのであれば過去のデータを知っておくことは大切ですよ!

TTKCキッズモデル2011の最終合格者はどんな子?

2011年のTTKC最終合格者を見てみると、男女とも非常に多彩です。
彫りの深いモデル的な子もいれば、無邪気なイメージの普通の子もいます。

ですから、顔立ちよりもエントリー写真のコーディネートや面接時の受け答えが重視されている可能性が高いでしょう。

いわゆるトップレベルの容姿というわけではなくても、ハキハキと自己PRができること、ランウェイで映えそうな堂々とした姿勢ができることで逆転合格は大いにあり得ると思います。

ちなみに2011年は1,250名の応募に対して書類通過は282名。
5人に1人以上が合格する計算ですね。

中にはコーディネートが規定を満たしていない写真、全身がきちんと映っていない写真、お菓子を食べながら映っているような写真もあるそうなので、きちんと規定を守り常識的な撮影方法をとれば、1/3くらいの割合で通過できるのではないでしょうか?

子供ファッションショーちなみに合格者はヘアスタイルやアクセサリーといった細かい部分までこだわっている子ばかり。

もともとの容姿を気にするより、キッズモデルらしいファッションにとことんこだわることが合格の秘訣といえるのではないかと思います。

あまり難しく考えずぎず「試しに!」というつもりで応募してみるのも一興ですよ。

やっぱりハーフが有利?ハーフの比率データ

まず、子供モデルのオーディションでは「ハーフが有利」という噂があります。実際、ハーフには小さい頃から目鼻立ちがハッキリして彫りの深い子が多く、モデルとして映える部分はあるでしょう。

そこで、ここでは2011年にTTKCキッズモデルオーディションの最終オーディションを突破した子供達のハーフ率を計算してみました。

とはいえ、実際には日本人らしい顔つきでもオーディションを突破している子は大勢いますから安心してくださいね。ハーフじゃないから不利…なんていうことはありません!

ちなみにハーフかどうかといった個人情報を取得することは当然できないので、名前と顔立ちから総合的に判断しています。

オーディション合格者のハーフ比率(あくまで参考程度に留めてください)

女の子のハーフ 98名中10人<10.2%>
男の子のハーフ 28名中3人<10.7%>

というわけで男女とも10%程度がハーフの子供という結果になりました。ふだんの生活で出会う子供の1割がハーフということはありませんから、確かにハーフ比率は高いといえます。

ただ、最近はトリンドル玲奈さん、ベッキーさん、ダレノガレ明美さんなどなどハーフタレント全盛の時代。ハーフの子を持つご両親が「ウチの子もあんなふうに活躍できないかな?」と考えて積極的にオーディションに参加していることが理由ではないでしょうか。

要するにハーフが合格しやすいというだけでなく、ハーフの子の参加率が高いために最終まで残る人数も多くなっている部分もあるのではないかと思います。

以上から、特に「ハーフじゃないとチャンスが少ない」と思い悩む必要はないと考えます。

モデルやタレントの登竜門TTKC(東京トップキッズコレクション)に関して2011年合格者の傾向を徹底分析しています!これからお子さんを有名モデルにしたいなら、過去の統計をチェックすることが必須です♪

このページの先頭へ